本文へスキップ

Medical Ultasonics Examination  超音波検査法フォーラム

年頭のご挨拶Greetings

「技術」の修得

明けましておめでとうございます

謹んで初春のお慶びを申し上げます。
お陰さまで、今年は超音波検査法フォーラム創設から25年となります。会員の皆さまをはじめ、諸先生方、機器メーカー様には心より感謝を申し上げます。

ツイッターに「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と堀江貴文氏が投稿していました。寿司職人は「飯炊き3年握り8年」と言われており、1つ1つの過程をベテランから時間をかけて学んで1人前になるとされてきました。しかし今はインターネットが普及していることから、堀江氏は職人の知識を手に入れることに時間をかけるべきでないと述べているわけです。納得できる面もあります。

超音波検査ではどうでしょうか。同様にネットを利用して画像や論文が閲覧できるので、これを利用することで「知識」を効率よく修得できます。しかし「技術」をネットや書籍で修得するのは、今でも容易ではありません。プローブの微妙な当て方、圧迫、呼吸調整などは、体で覚えていくことができないからです。やはり、ベテランからの直接的な指導や、年月をかけての経験は必要だと思います。当会では、技術修得のための実技スクール、デモンストレーションを交えた研修会の開催に積極的に取り組んできました。これからもそのスタンスは変えることなく、活動を続けて参ります。

今年も1年、皆さんと共に成長していけたらと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。
2018年1月1日
                           一般社団法人超音波検査法フォーラム
                           代表  伊藤正範 (日本健康管理協会 新宿健診プラザ)

代表からのご挨拶(バックナンバー)

超音波検査法フォーラム


〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町30-4-406
株式会社パラメディカル内)
tel. 03-5428-3133