本文へスキップ

Medical Ultasonics Examination  超音波検査法フォーラム

年始のご挨拶2008

伝えたい技術 


 超音波検査法フォーラムの活動を立ち上げたのは十五年前です.当時は腹部と心臓の領域がメジャーな検査で,この領域に精通することが検査に携わる者の目標でした.しかし昨今では超音波検査も様変わりしました.配属になった技師は,腹部,心臓は当たり前,表在,血管などの一通りの検査ができて一人前という状況です.ですから精通する間もなく,ひとつクリアしたら次へと領域を広げなくてはなりません.まるでスクロールアクションゲームのように.ただしゲームと違うのは,検査技術の修得にはゴールがありません.
 一通りの検査ができるようになることは必要なことですが,楽しいことではありません.皆さんはいかがでしょうか
 私たちが伝えたい技術は,実は「一通り」の検査技術ではありません.超音波に興味を持つことで技術は成長します.深く知ることで楽しくなります.一通りの検査ができるようになったら,ご自分が興味を持てる領域をまずひとつ決め,深く知ることをしてみてください.検査に携わる皆さんが,この検査に楽しさや誇りを感じられるように,超音波検査法フォーラムは研修会で皆さんをサポートしてゆきたいと考えております.
                            超音波検査法フォーラム  代表
                            鶴岡 尚志 (三宿病院診療技術部)

超音波検査法フォーラム


事務局 
〒158-0081 世田谷区深沢8-11-14-702(パラメディカル内)

tel. 03-5758-6305

jimu@museforum.org